読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




福島県 末廣 Dr.野口カップ

今週から少しカップ酒のレビューです。

ワンカップというと、正直安酒求めるおっちゃんがちびちびとやってるイメージなのですが、少し考えてみると、一人でレビューするにはちょうどいい量・値段ということで、飲み比べしたい人間にはぴったりなんじゃないかと。

果たしてカップ酒と瓶ではどう違うのか、カップ酒ならではの特徴も含め、レビューしてみようと思います。

ってことで。
福島県は末廣酒造さんの醸造酒、末廣のカップ酒です。
地元出身の野口英世をあしらったデザイン、この酒はこれで買いました。

比較的旨みの強いお酒ですね。
決して呑んだ瞬間の華やかなお酒ではありません。

じわっと酸味が来たあと、お米の甘みや旨みがじわじわとくるお酒です。
糖の素直な甘みがアル添と混ざり合い、アル添がお好きな方には非常に良いバランスのお酒ですね。

実質末廣の抜栓したての味と変わらないですね。
まあ少し思えば抜栓してない瓶の中に封詰めされているわけですから、そりゃそうなんですけれども。

カップ酒だから品質が変わる、ということは無さそうです。
純米酒系はどうなんだろう。
次回以降でレビューします。

ご馳走さまでした。

f:id:merimekko:20150215195021j:plainf:id:merimekko:20150215195032j:plain
Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.