merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




山形県 十四代 純米吟醸 龍の落とし子

十四代純米吟醸、龍の落とし子です。

先の本丸との比較になるかもしれません。

香り高いお酒の印象は変わりません。
メロン様のジューシーな香りが大きく広がり、そこに甘さが包む様に乗ってきます。
口にして2〜3秒後に少しざらつく酸味がきてこれらの味を切ろうとしますが、香りが高すぎるせいかあまり切れず、三者が一体となります。
そのまま錐揉み状に味が一体となってキレていきます。
旨みはあまり感じません。

総括すると、香り高く少々の酸味を感じながらずっと切れていく、香りよく飲みやすい酒でしょうか。

本丸と比較して。

入りの香りの立ち上がり方はあんまり変わらない様な気がします。
中味からの甘みは本丸の方が強め。ただ、一つの味が大きいので、アル添由来かも。
純吟は、酸味と雑味が合わさり、中味からの複雑な風味がしっかり残っていると思います。
これは好みですかね。

香り高いところは特徴としては一番なので、そこに焦点当てたい場合は本丸を、それを感じつつ、風味の余韻を残したい場合は純吟を。

ご馳走さまでした。

f:id:merimekko:20150417220342j:plainf:id:merimekko:20150417220402j:plainf:id:merimekko:20150417220411j:plain


Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.