merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




山形県 山形政宗 まろら

山形政宗のまろらです。

 
裏面には、「一般的にワイン醸造で活用される技術。乳酸菌の働きにより、お酒に含まれるリンゴ酸が乳酸に変化することで、優しく柔らかな味わいを生み出します」
実験酒としての意味合いも強いらしい。
 
と、書いてあります。
 
酸味はありますが、甘味強めのお酒だと思います。
 
香りは甘めの吟醸香。クセはありません。
その後、口にしてすぐに、キレの良い酸味が来ます。
酸味に関しては一瞬の強さは強く(ピリリとくる感じ)ですが、感じる時間が非常に短い、というかそのあとの甘味が一瞬にして酸味を飲み込むので、印象はあるものの、このお酒の風味のメインではありません。
一瞬のアクセントです。
 
その後、少しとろみのような舌触りをかんじつつ、癖のない甘さが広がります。
甘味自体は強いのですが、舌に残る感じではありません。
 
したがって、甘いと感じるものの、味残りせず後味すっきりな印象。
若干とろみが舌上に甘味を残していきますが、それもすぐ切れます。
 
酸が一瞬で、甘味を穏やかに感じるので、優しく柔らかな、という表現をしているのでしょうね。
 
冷よりも、常温少し手前が好きです。
きりりとした酸が和らいだくらい。
甘めの白ワイン的な扱いをしても面白そうです。
 
ご馳走さまでした。
 
f:id:merimekko:20151016223754j:imagef:id:merimekko:20151016223800j:image
 
 
Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.