merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




秋田県 山本 純米吟醸原酒 6号7号飲み比べ

山本さんの酵母違いシリーズ。6号が新政さん、7号が一白水成さんのもの。

 

6号:

少しきゅっとする酸味が立つすっきり目のお酒。

 

入りは若いマスカット様の香り。

香りはそこそこ。

 

酸味も強め。

香りよりは一回り強く、甘い香りがした直後に少しばかりきゅっと締まる。

舌には収斂味。

 

その酸の後、少しだけ米の甘みが乗るが、全体的にはすーっと味が切れていく。

後味の盛り上がりはあまりない。米の甘みくらい。

 

7号:

甘い香り広がるすっきりしたお酒。

 

メロンやラズベリーのようなの甘い香り。

酸味はクエン酸に近いきゅっとした酸味。香りよりは弱めだが、風味としては感じる。

香りは切る。

 

少し木の枝の軸のような苦味。

 

甘い風味がふわっと広がり、そのまま自然落下的に味が切れていく。

6号に比べ、味のキレは遅い。

 

後味の盛り上がりも薄く、米の甘みが若干するのみでスッキリしたお酒。

 

酸味の締まり具合からして、7号の方がふくよかというかジューシーなのでしょうか。

6号のきゅっと締まる感じがおでんと相まって私は好きです。

 

ただ、どちらも綺麗です。

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20180204142142j:imagef:id:merimekko:20180204142143j:image

Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.