merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




岐阜県 百十郎 純米吟醸 無濾過生原酒 桜version

百十郎の春酒です。

ラベルの桜が艶やか。

 

糖の甘さがふーわっと広がるすっきりめのお酒だと思います。

 

入りは少し若いりんごのような風味がします。

そんな感じの甘酸っぱさ。

 

酸味はそこそこ。

舌にぴりっとは来ませんが、口の中がざらつく感じ(pH低めの)の酸味です。

 

酸強めの甘酸っぱさが、口にしてから3秒くらい力強く平坦に続きます。

 

その後、酸を起点にしてすーっと味が切れていきます。

ミドル以降の味の盛り上がりは見られません。

温度を上げると少し甘さが見えて来ますが、その場合は酸味の残響と繋がって、よりゆっくり味が切れていく印象ですね。

 

したがってすっきり目のお酒かと。

春酒としては、強めのあてにも(特に油物と相性良さそう)負けない飲みやすいお酒かと思います。

 

先の山本は宴の最初の方に、これは中盤でもいけるやつ、ですかね。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20180320181120j:imagef:id:merimekko:20180320181119j:image

Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.