merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




岐阜県 TERA 純米

岐阜県は百十郎のTERAです。
ラベルからはあんまり情報取れませんでしたが、精米70%ということくらい。
(追記できたらします)

ヨーグルトの乳清ですね、これ。

甘酸っぱい乳清の香り、風味ともにまさにそんな感じ。
若干リンゴっぽい香りも。

何に合うんでしょうか。
りんご入ったポテサラとか。
タレたっぷりつけた焼肉とか、というよりタレ、という。
それにしては味弱いので、難しいですね。

ただ、なかなか見ない形のお酒でした。
ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170918181204j:imagef:id:merimekko:20170918181216j:imagef:id:merimekko:20170918181211j:image

栃木県 仙禽 線香花火 無濾過原酒

栃木は仙禽のうすにごりです。

 

ヨーグルトのような酸味が特徴的なお酒だと思います。

 

入りの香りはベリー系の甘酸っぱい香り。

香り自体はそんなに強くありません。

 

ミドルは乳酸様の酸味。

鈍く、薄いヨーグルトのよう。

発泡感があるかは微妙です。

何といえばない(酸味と被る)、あるといえばある。

 

ミドルは乳清のような風味と甘みがきます。

甘みは比較的しっかりしてますね。

 

その後、特に立つ風味もなく、緩やかに味がキレていきます。

 

濁りにしてはすっきり。

ただ、旨味もないので、濁りではどっちつかずかも。飲みやすいですけどね。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170918180304j:imagef:id:merimekko:20170918180316j:image

長野県 澤の花 満ち月 純米吟醸

長野は佐久市の澤の花です。

地元産美山錦を使用したものです。

 

柔らかい甘さに酸味と苦味で針を放つお酒だと思います。

 

入りはメロン様の甘い香り。

口にしてゆっくり広がりますね。柔らかい香りです。

 

酸味は少し強め。

舌にぴりりときます。ツンとくる酸味ですね。

酸味が強く、香りはここでほとんどキレます。

 

その後、舌奥のピリピリとともに、茶渋のような苦味を感じます。

酸味と繋がり、ほろ苦い。

 

甘みも若干あり、苦甘を想起させ、その後すっと味がキレます。

最終的にはすっきりとしたお酒。

 

魚の肝とか良さそうですね。

今年は不漁ですが、秋刀魚の塩焼きをわたから食べる場合、ばっちしだと思います。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170918174612j:imagef:id:merimekko:20170918174615j:image

秋田県 まんさくの花 愛亀ラベル 純米吟醸 一度火入れ

まんさくの花の限定モデル。
今回は亀の尾80%に、愛山を20%加えたものです。

甘くクリーミィな香り広がるお酒だと思います。

トップは甘めのメロン様の香り。
かなり甘いですね。大きく広がると思います。

酸味は中程度。
乳酸様の柔らかな酸味、かつヨーグルトのような(系統一緒だが)酸っぱさを感じます。
ただ、香りが大きいので香りを切るに至らず、残り香の甘さと柔らかな酸味が後に残る感じ。

それに反して、後味はすっきりです。
淡白でもありますが、トップとのコントラストが良いですね。

いい意味でバランス取れていると思います。
ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170903164529j:imagef:id:merimekko:20170903164532j:image

高知県 土佐しらぎく 純米吟醸 あらばしり 生酒

土佐しらぎくの純米吟醸 あらばしりです。

八反錦の純吟。

 

少し焦げた甘み感じる、香りリッチなお酒だと思います。

 

入りはラズベリーのような甘酸っぱい香り。そこそこおおきいです。

ここに、浅いカラメルのような甘苦い香りが来ます。

香りは豊かですね。浅いブランデーのよう。

 

甘みもそこそこ。

香りとは少しずれますが、第二の波として広がります。

 

少し枝をかじったような渋みを感じますが、甘みの裏に隠れる程度。

 

土佐しらぎく、八反錦で3本飲みましたが、全然違う印象ですね。

これは一番インパクト強いかもです。あらばしりで。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170903163145j:imagef:id:merimekko:20170903163148j:image

高知県 土佐しらぎく 特別純米 八反錦 おりがらみ

土佐しらぎくの八反錦、おりがらみです。
開封注意というあたりが心をくすぐります。

非常におりも含めて、すっきりとしたお酒だと思います。
トップはメロン様の甘い香り。
香りは中程度。ぱっと広がります。

酸味もそこそこ。
クエン酸のような、ぱっとキレの良いお酒です。あと、ぴりぴりくる発泡感もあります。
発泡は、強くはありませんが粒の細かな泡ですね。プチプチ来ます。

おりの旨みも綺麗です。
若く浅いチーズのようなクリーミィな乳感を感じますが、いたって綺麗。

おり酒の入門にいいんじゃないでしょうか。
すっきりしつつ、おりの良さも出していますし。

しっかりしたどぶろくをイメージすると、少し外れるかもしれません。

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170903162331j:imagef:id:merimekko:20170903162332j:image

 

高知県 土佐しらぎく 涼み純米吟醸 八反錦

高知は土佐しらぎくの八反錦、純米吟醸です。

 

さっぱりとした甘い香り広がる、すっきりとしたお酒だと思います。

 

入りは青リンゴ様の甘い香り。

香りは中程度ですね。さっぱりとした香りです。

 

酸味は中程度。

乳酸様の柔らかな酸味ですね。

嫌味なく、甘酸が一つになって広がります。やや甘み強め。

 

ボディはほのかに甘いですが、全体的にすっきりしています。

のみやすいですね。ぜひ冷やで。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20170903161246j:imagef:id:merimekko:20170903161250j:image

Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.