merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県別にお酒の一覧を見ることが出来ます。
 カテゴリーから、地域別に見ることも出来ます。
 ※県の偏りは、無くそうと努力中。


・銘柄でブログ内検索

⇒造り年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。





富山県 幻の瀧 純米吟醸

富山は黒部市の皇国晴酒造さんのお酒です。

 

小粒だが、ピリリとする酸味が効く、やや甘めのお酒だと思います。

 

入りはバナナ系。

ただ、香りはあまり強くありません。

 

酸味はやや強め。

ベリーのような酸味がしっかりとキレよく感じられます。

 

甘みもしっかり。

酸をやや上回るほどの力価で、甘さが勝つ甘酸っぱさを感じます。

 

その後甘酸がアルコールの苦味をやや纏わせつつ味がゆっくり切れていきます。

 

後味の盛り上がりは無いですね。

酸〜甘みが味のピーク。

 

ややアル添と勘違いしそうにもあります。

ただ、酸がやや強めなので、酢の物とかそう言った酸系より、出汁とか旨味のある料理とか、そんなものの方が相性いいですね。

 

どちらかというと、食中に飲みたい。

食中のすっきり酒。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191109194158j:imagef:id:merimekko:20191109194205j:image 

山形県 磐城壽 純米酒 此れはしたり!

磐城壽。

 

柔かいさっぱりしたお酒だと思います。

 

入りはメロン様の甘い香りですが、そこまで大きくはなく。

酸味はすっと。クエン酸様の酸味がキリッときます。純。

 

舌はざらざらしますが、キレ良いため重たくはありません。

 

その後米の甘みをほのかに感じつつ味が枯れていきます。

やや甘みと繋がると甘い梅干系。

 

キレが良いのでさっぱりしていますね。

食の最初の方にすっと行きたいお酒です。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191013174808j:imagef:id:merimekko:20191013174811j:image

愛知県 楽の世 山廃 本醸造 2017

2年熟成もの。

 

蔵人の伊沢さんは信州の人。

 

甘みで持ってかれるお酒だと思います。

 

入りは少し焦げたカラメルのようなレーズンのような甘い香り。重たい。

酸は乳酸様の酸味ですが、重たい香りは減衰することなくじーっと切れていきます。

 

重たいながらも後味のアルコール刺激はしっかりと強く、口にして4〜5秒で急激に味がキレます。面白い。

 

もう既に大分のんでいるのですが、それでもインパクトを残せるすっきり重いお酒です。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191003195313j:imagef:id:merimekko:20191003195317j:image

茨城県 水府自慢 10号 むらさきラベル

ヨーグルトです。

 

濃厚なヨーグルト。

 

口当たりはサラサラですが、濃厚なギリシャヨーグルト的な風味を感じられます。

 

良い。

 

フルーツと合わせたい。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191003193705j:imagef:id:merimekko:20191003193708j:image

滋賀県 唯々 山廃純米酒 無濾過生原酒 渡船

滋賀県湖南市の竹内酒造さんのお酒です。

 

酸がピリッと効いたお酒だと思います。

 

トップは若いラズベリーのような甘酸っぱさ。

ここに酸味がバチっとくるのでかなり酸が強い印象。

言い方は悪いですが、単品の評価だとオキシドール口に含んだようの酸苦も。

 

ただ、感じる時間は短く、すっぱ系のキレよし酒です。

裏に甘み。

 

こちらもそこそこあるのですが、酸で一息ついた後なので癒し。

 

ボリュームあるお酒ですね。

 

何か焼き鳥とか旨味あるアテと一緒だと食べ飲み続けられる強さを誇ると思います。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191003192321j:imagef:id:merimekko:20191003192325j:image

長野県 信州亀齢 美山錦 純米吟醸 ひやおろし

かなりフレッシュなお酒です。

 

トップはメロン様の甘い香り。

そこそこに広がります。

 

酸もそこそこ。

クエン酸のようなキレの良い酸味。しっかり香りを切ります。

プラス、発泡感がありますね。しゅわしゅわ。

 

後味はすっきり。盛り上がり無し。

トップの甘酸と発泡感のまま味がすっと切れます。

 

一昔前の香り系のキレ酒の純なタイプ。

 

一世風靡な味です。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191003191253j:imagef:id:merimekko:20191003191256j:image

長野県 和田龍登水 ひやおろし

2013年以来でしょうか。

 

長野県 和田龍登水 美山錦 Vintage2013 - merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

 

大分ぶりですが名前のインパクトが強く。

 

トップは重たそうな印象なのですが、ライトなお酒です。

 

トップはメロンバナナ様の香り。

ややもったりとしつつも少し広がります。

 

酸はしっかり。キレよし。

トップの香りをしっかりと切ります。

 

その後は少しの甘みと共に味がすーっと切れていきます。

後味の盛り上がりは無し。

 

前回白ワインと書いてますが、これは甘みが強めのやや貴腐さを出しつつ。

魚は合うと思います。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191003190611j:imagef:id:merimekko:20191003190614j:image

埼玉県 亀甲花菱 純米生原酒 無濾過中取り 美山錦

60代のチームで醸す楽しいお酒。

 

甘みのボリュームがすごいキレよしなお酒だと思います。

 

トップはメロン様の甘い香りから熟したバナナや若いマンゴーのような香りが広がります。結構複雑。

 

酸味もそこそこ。

こちらはキレの良い酸なのですが、トップの甘い風味はあまり減衰せず、ずーっと広がります。

 

口にして4〜5秒後、甘酸が入り混じったまま味が徐々に切れていきます。

最初はゆっくり。重力加速度のごとく徐々に勢いをつけて切れる。

ただ、後味の盛り上がりはないので全体的には重たく感じません。

 

トップミドルと重たいながらもラスト軽いことで飲み続けられる。

ある意味の重厚感を感じました。

 

良いお酒。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20191003184842j:imagef:id:merimekko:20191003184847j:image

 

Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.