merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県ごとのお酒の一覧が出来ます。
※まだ県の偏りがあるかも(無くそうと努力中)


・銘柄でブログ内検索

⇒年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。
※データ不足のためしばらく経ってからかも。




宮城県 墨の江 純辛

すみのえの夏の純米です。

 

五百と蔵の華。

 

柔らかい香りながらも、酸味がピリッとしたお酒だと思います。

 

入りはメロン様の甘い香り。

ただ、この香りは一瞬でなくなります。

 

淡い乳酸様の酸味がきます。

こちらは舌にはぴりりとは来ず、柔らかな印象なのですが、香りは完全に切られますね。

 

後味は米の甘みが弱く甘く感じ、そのまますーっと味が切れていきます。

後味は残らないのでスッキリとはしていますね。

 

柔らかいお酒ですね。

酸味も柔らかいながらもしっかり感じます。

 

つゆはいった素麺とかは良いかも。

 

夏とはいえ、料理の味を濃くするか、氷入れてロックにするかがおススメです。

ロックにするには弱いかな…。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180619222224j:image

兵庫県 白鶴 特選 JAL国際線機内にて

JAL国際線の機内で提供された日本酒です。

白鶴さんの特撰。

 

非常に甘いお酒だと思います。

 

トップは熟したメロン様の香りが少しと、水飴様の風味が広がります。

 

口当たりは柔らかです。

 

酸味も弱め。というより、トップの風味が全てをマスキングしているよう。

 

ミドルは非常に甘い。

水飴を溶かしたような、そんなねっとりとした甘さを感じます。

 

ただ、風味はねっとりとしていますが、後味はライト。口の中はべとべとしません。

 

少しアルコール感を感じますが、甘みと繋がって甘苦い感じ。

その風味のまま、味がすーっとキレていきます。

少し後味が苦いかな。アルコール感。

 

ミドルの甘さが特徴的でした。

アル添多め?

 

もつ煮込みや焼き鳥や、醤油系の味濃いのだとどんどんいけそうですね。

単品で飲む場合は、冷やす方が私は好きです。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180610082634j:imagef:id:merimekko:20180610082638j:imagef:id:merimekko:20180610082643j:image

佐賀県 七田 純米おりがらみ 生 無濾過

七田のおりがらみです。

初めて見ました。

 

トップに味の厚みがありながらも、後味スッキリなお酒だと思います。

 

トップはメロン様の甘い香り。かなり純です。

香りが広がりきった段階で、おりの風味がきます。

 

ただ、こちらも米の甘みを残しつつ、香りもひねずといった感じなので、嫌味なく香りと繋がり、風味の広がりを感じさせます。(トップの味の数が、まとまっていながらも多い)

 

それに比べて、後味はシンプル。

おり由来の米の甘みと若干のとろみとともに、特に味の持ち上がりもなくすーっと味がキレていきます。

 

七田って、どちらかというとトップの香りと共に酸味と甘みのバランスが肝と思っていたのですが、こやつはおりによってそれらを覆いつくし、全体的にまとまるお酒なんですね。

 

ある意味で七田らしくないですが、トップの風味の持ち上がりなど、大変面白いお酒に昇華していると思いました。

美味しいお酒です。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180602191432j:imagef:id:merimekko:20180602191436j:image

秋田県 新政 エクリュ 生酛純米

新政のエクリュです。

 

甘酸っぱい発泡酒だと思います。

 

入りはベリー系の甘酸っぱい香り。そこそこ大きく広がります。

そこに大きな炭酸の発泡と、乳酸の酸味が来ます。

発泡の方が大きくシュワシュワとします。

乳酸も味としてはそれなりに感じるものの、発泡の方が大きく、炭酸の酸味の上で柔らかく感じるイメージ。

 

なので、全体的にはベリー系の香りがして、シュワシュワして、若干柔らかくそのままキレていくお酒のイメージ。

あまりない感じですが、若いシャンパンのようです。

 

後味の盛り上がりもなく、酸味の余韻がやや残るものの、料理と合わせれば気にならないレベル。

 

これが抜栓仕立てということもありますが、キンキンに冷やしてシャンパン的な食前で合わせるのが良いと思います。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180602185538j:imagef:id:merimekko:20180602185543j:image

 

長野県 西之門 純米吟醸 美山錦

西之門の純吟です。

 

ピリリと発泡香る、トップ寄りのキレ良いお酒だと思います。

 

トップはメロン様の甘い香り。

そこそこに大きいです。

 

酸味は、発泡のピリリが少しとなんとなくクエン酸様のキレの良い酸味。

プラス、ゴムのような風味がします。これが違和感。発泡で隠れると思いきや、その後も長く続くので、より気になります。

 

甘みはそこそこ。

米の甘みが広がった後、すっと味がキレます。

嫌味なし。

 

全体的な味のバランスは良いですが、前述のゴム臭が気になるお酒でした。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180602183333j:imagef:id:merimekko:20180602183342j:image

 

 

 

神奈川県 いずみ橋 夏ヤゴ13 山田錦

いずみ橋の夏やごです。

 

甘さが柔らかく広がる、飲みやすいお酒だと思います。

 

トップは少し熟したマスカット様の甘い香り。

そこそこ広がります。

 

乳酸様の酸味が少し来て、香りと繋がります。

ただ、間に少し木渋のような香りが入るので、両者は一緒というかそれぞれで感じます。

 

酸味自体は少し立つものの、料理と合わせれば気にならないレベル。

後味は少し米の甘みを残しつつスッキリ。

 

甘みがある分アルコール感も感じず、柔らかくスッキリですね。

 

こちらも柔らかいお酒でした。

後味スッキリなのが、夏酒として良いですね。

 

串焼きとかも面白そう。

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180602182358j:imagef:id:merimekko:20180602182406j:image

 

 

 

和歌山県 紀土 純米吟醸 夏の疾風

紀土の夏酒です。

 

香り甘く非常にスッキリしたお酒だと思います。

 

香りはメロンや洋梨のような甘い香り。

中程度から少し大きめ。しっかり感じます。

 

酸は弱め。というか、舌にぴりりともなく、印象としては弱めです。

ただ、味キレは鋭く、香り広がりますが、そのまますぐに無くなっていきます。

 

コメの甘みが少し残りますが、こちらも弱く、香りキレ以降味がすっとキレていく。

スポーツドリンク飲んでいるかのようです。

 

キレの良いお酒特有のアルコール感もあまり感じず、本当に、すっとしたお酒。

 

かなり飲みやすいですね。

気づいたら酔っ払うやつです。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20180602181124j:imagef:id:merimekko:20180602181130j:image

 

Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.