merimekkoの日本酒日記(呑んだくレポート)

呑んだ日本酒をだだ流しにする日記

呑んだお酒や心地よかった音楽をその場でレポート。
不定期更新ですがよろしくお願い致します。(月10本くらいを更新目標)

これをすると面白いよってこと。


・県名でブログ内検索

⇒都道府県別にお酒の一覧を見ることが出来ます。
 カテゴリーから、地域別に見ることも出来ます。
 ※県の偏りは、無くそうと努力中。


・銘柄でブログ内検索

⇒造り年度ごとに銘柄の味がどう変化するのかをみることが出来ます。





愛知県 義侠 ともがら 生酒

メロン様の甘い香り広がるお酒。

 

酸味は弱め。

トップのメロン様の香りに木渋のような香りが乗る、低アルなのにしっかりしたお酒です。

 

後味の嫌味もなく、良いです。

特徴だったものもないですが、じっと存在感あるお酒で良しです。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20210501163825j:imagef:id:merimekko:20210501163834j:image

京都府 澤屋まつもと 守破離 忘年会

まつもとの薄濁り?だとおもいます。

 

トップの甘酸っぱい香りが際立つものの、少しバランス崩しているような気がします。

 

トップはメロン様の甘い香り。

それなりにしっかりします。

 

乳酸様の酸味もしっかり。

甘味も負けないので、甘酸っぱい風味がぶわっと広がっていきます。

 

甘味は少なめ。別途おりの雑味が来るのでそこが味の変化点ですが、トップミドルを繋ぐ事に意識しているせいか、おりはちょっと浮き気味です。?ってなりました。

 

過去、際立つ守破離もありましたが、ちょっと雑な味のように感じます。基本味はあり、マイナスの味は無いので美味しいですけど。

 

うーん。ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20210403180356j:imagef:id:merimekko:20210403180401j:image

 

静岡県 萩錦 純米吟醸無濾過生原酒 誉富士 新酒

静岡は駿河お酒、萩錦です。

 

こちらも食中酒らしいお酒ですね。

ややぴりり系のお酒です。

 

トップはメロン様の甘い香り、ですがあまり強くありません。

すぐに乳酸様の酸味がきます。じんわり、じーっと。

 

甘味もあまり強くなく、むしろおり(木の渋のような 鉛筆削る木の部分のような)香りとともにじーっと続いていきます。

 

甘味が少ない分、他のアテにすんなり合うというか。

単品ではなく他の料理と合わせて評価されそうな気がします。

甘辛煮とか、脂はなくてもいいかも。

 

後味の盛り上がりはなし。

飲みやすいぴりりじんわり系ですね。

 

選ぶなら、食の中盤あたりの息抜きでセレクトしたいです。

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20210403175652j:imagef:id:merimekko:20210403175702j:image

 

 

新潟県 鶴齢 純米酒 山田錦 生原酒

鶴齢の生鮭です。

新潟のお酒らしく、とは言いたくないですが酸味の伸びが緩やかにすーっと伸びる、食中酒向きのお酒です。

 

入りはメロン様の香りですが、そんなに強くありません。

乳酸のような鈍い酸味がじーっと続いていきます。

これがベースであり、ただいやらしくは全くない。

 

そのままほんの少しの糖の甘みを伴い、すーーっと味が切れていきます。

 

味の盛り上がりは薄いものの、存在感はあり、印象を感じる時間も長い。

 

上に香り系のアテとか乗せるとハネるお酒ですね。良いです。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20210403174827j:imagef:id:merimekko:20210403174833j:image

高知県 土佐しらぎく 薄氷 純米吟醸 山田錦

お疲れ様です。

またまたお久しぶりです。飲みに行く機会、激減。

 

それでもこのお酒は土佐しらぎくらしい、甘酸っぱく淡いお酒に仕上がっています。

 

トップはメロン様の甘い香りですが、まるでクエン酸のようなピリッとキレの良い酸味がすぐに来て、香りを聞いてきます。

 

夏限定のフルーツカルピスみたい。

若干グレープフルーツの皮みたいな苦味も。

 

その後の味は薄く純な甘みを残しつつ、すっと切れていきます。

かなり飲みやすい。

 

すっと染み込んでいきますね。

美味しいです。ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20210403171732j:imagef:id:merimekko:20210403171740j:image

 

 

青森県 豊盃 純米大吟醸 生おりがらみ

青森は弘前の豊盃です。

 

だいぶ久方ぶりにあった気がします。

これはうすにごり。

 

メロン〜青りんご用の香りがしっかりと感じられます。

酸味はおそらく強くないですが、おりに乳酸の酸味を強く感じます。

あと、おりについて甘さもそこそこ強いため、香り系というよりは、香り系に甘いボディが出されたような感じ。おりの渋さ(食物繊維を齧ったような)もそこそこありますね。

 

結果的に華やかだけれどもボディも強いお酒ですね。

ただ、清酒にしてもおりにしても向いている方向は同じなので、一体感はあります。

 

香り系好きな方が少し酔った時に飲むと良いお酒だと思います。

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20210212180326j:imagef:id:merimekko:20210212180332j:image

愛知県 二兎 純米吟醸 出羽燦々五十五 火

二兎の純吟です。

酒蔵のグラスで出てきました。

 

香り系の甘くすっきりとしたお酒だと思います。

入りはメロン様の甘い香り。しっか。と感じます。

酸は乳酸様できれいなもの。トップの香りが強いので、ゆっくりと香りを買っていく役割のみ。

 

従って、口当たり香りも含めてしっかり甘く、柔らかく風味が切れていきます。キレ方は優しい。

 

後味の盛り上がりは無し。綺麗なお酒ですね。

 

二兎、どんどん綺麗なお酒になっていってる印象。美味しいです。

甘味を残すあたりは、東北の酒とは違い、料理に左右されているのかな、とも。

 

ご馳走さまでした。

 

f:id:merimekko:20201018211900j:imagef:id:merimekko:20201018211907j:imagef:id:merimekko:20201018211917j:image

 

岐阜県 始禄 ハロウィンラベル 備前雄町

小左衛門の地元ラベル(と聞きました)、始禄です。

備前雄町の純米スペック。

 

淡い甘さと複雑な酸味の盛り上がりが特徴的なお酒です。

 

トップはメロン様の甘い香り。

が、一瞬してすぐに酸味が追いかけます。

 

乳酸様の酸味がしっかりと感じられ、トップの香りをしっかりと切ります。口にして2〜3秒くらい。

やや木の渋のような香り。

 

少し甘みがありますが、鈍い酸味がそこそこ残るので、酸味と甘味が混ざり合いすーっとあじが切れていく印象。

 

キレ良いお酒ですが、インパクトはしっかり。

食中酒として良いと思います。

 

鍋とかも合うんじゃ無いでしょうか。昆布の。

 

ご馳走様でした。

 

f:id:merimekko:20201015202428j:imagef:id:merimekko:20201015202441j:image

Written by merimekko
Copyrights © merimekko. All rights reserved.